9月16日の今買う大化け株

ウインテスト <6721>
今期最終は黒字浮上で17期ぶり最高益更新へ。また、NHK放送技術研究所から次世代技術の研究開発用装置として、センサアレイ評価装置「WTS-311NX」を受注。受注金額は約5000万円。

<4592> サンバイオ
再生細胞医薬品「SB623」の慢性期脳梗塞を対象とした米国でのフェーズ2b臨床試験の追加解析について、投与群の49%に改善が見られ、統計学的に有意な結果が出たと発表している。今回の結果を受け、次のSB623脳梗塞プログラムや脳出血プログラムの国内後期臨床試験の準備を開始した。併せて21年1月期第2四半期決算を発表、累計営業損益は25.70億円の赤字で着地している。

Mマート <4380>
21年1月期第2四半期累計(2-7月)の経常利益(非連結)は前年同期比13.0%増の7800万円に伸び、通期計画の1億5600万円に対する進捗率は50.0%に達し、さらに前年同期の46.9%も上回った。会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した8-1月期(下期)の経常利益は前年同期比0.0%の7800万円とほぼ横ばいの計算になる。

Link-U <4446>
前期経常は7%増で2期連続最高益・5-7月期(4Q)経常は9.5倍増益、今期業績は非開示。また、マッチングサービスを運営するリベラルマーケティングの株式を取得し子会社化する。

ソフトバンク<9434>
14日取引終了後、売り出し価格は1株につき1204.50円で決定した。株式売り出しによる需給悪化懸念を背景に、空売りの増加で株価は下落基調を続けていたこともあり、この日はいったん利益確定による買い戻しも流入している様子だ。23日に受渡日を迎える。ただ、菅政権の発足が見込まれるなか、携帯電話料金の引き下げ圧力が強まるとの観測もあり先行きには警戒感がくすぶっている。