9月16日の今買う大化け株

ウインテスト <6721>
今期最終は黒字浮上で17期ぶり最高益更新へ。また、NHK放送技術研究所から次世代技術の研究開発用装置として、センサアレイ評価装置「WTS-311NX」を受注。受注金額は約5000万円。

<4592> サンバイオ
再生細胞医薬品「SB623」の慢性期脳梗塞を対象とした米国でのフェーズ2b臨床試験の追加解析について、投与群の49%に改善が見られ、統計学的に有意な結果が出たと発表している。今回の結果を受け、次のSB623脳梗塞プログラムや脳出血プログラムの国内後期臨床試験の準備を開始した。併せて21年1月期第2四半期決算を発表、累計営業損益は25.70億円の赤字で着地している。

Mマート <4380>
21年1月期第2四半期累計(2-7月)の経常利益(非連結)は前年同期比13.0%増の7800万円に伸び、通期計画の1億5600万円に対する進捗率は50.0%に達し、さらに前年同期の46.9%も上回った。会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した8-1月期(下期)の経常利益は前年同期比0.0%の7800万円とほぼ横ばいの計算になる。

Link-U <4446>
前期経常は7%増で2期連続最高益・5-7月期(4Q)経常は9.5倍増益、今期業績は非開示。また、マッチングサービスを運営するリベラルマーケティングの株式を取得し子会社化する。

ソフトバンク<9434>
14日取引終了後、売り出し価格は1株につき1204.50円で決定した。株式売り出しによる需給悪化懸念を背景に、空売りの増加で株価は下落基調を続けていたこともあり、この日はいったん利益確定による買い戻しも流入している様子だ。23日に受渡日を迎える。ただ、菅政権の発足が見込まれるなか、携帯電話料金の引き下げ圧力が強まるとの観測もあり先行きには警戒感がくすぶっている。

9月14日の今買う大化け株

 イトクロ <6049>
20年10月期第3四半期累計(19年11月-20年7月)の連結経常利益は前年同期非連結比38.0%減の9.3億円に落ち込んだ。
併せて、非開示だった通期の業績予想は経常利益(非連結)が前期比23.5%減の11億円に減る見通しを示した。

<9984> ソフトバンク
2割超の急落となったテスラを中心に、IT・半導体関連の主力銘柄が軒並み安、引き続き手仕舞い売り圧力が強まる状況となっている。米主要ハイテク株の下落により、ビジョンファンドのパフォーマンス低下が懸念される形のようだ。直近で行ったとされるオプション取引のポジション状況などにも不透明感残り、積極的な押し目買いも手控えられている。

フリービット <3843>
21年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の5.8億円に急拡大して着地。新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワーク需要の高まりを背景に、MVNO支援パッケージをはじめとする通信インフラサービスが好調だったことが寄与。お薬手帳アプリの利用者増加や薬局向けソリューションの顧客獲得などでヘルステック事業が黒字化したことも増益に大きく貢献した。

北の達人コーポレーション<2930>
健康食品や化粧品などを自社企画し、製造をアウトソーシングするビジネスモデルで業績成長路線を続けてきた。21年2月期はコロナ禍により減収減益を見込むが、株価には織り込み済みで徐々に来期以降の回復を買う動きに変わってきた。美容トレンドとして脚光を浴びるマイクロニードルのブームを捉え「ヒアロディープパッチ」が大ヒットし収益に貢献している。

ヤーマン <6630>
急拡大して着地。巣ごもり消費の増加でECを中心とした通信販売が急拡大し、60.6%の大幅増収を達成した。美顔器など美容健康機器の直販部門でインフォマーシャル(欧米で登場したテレビショッピングの手法)が大きく伸びたほか、テレビ通販会社向けの販売や中国国内のECなどが好調だった。上期計画の16.3億円に対する進捗率は97.2%に達しており、業績上振れが期待される。

9月11日の今買う大化け株

アイコム <6820>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.49%にあたる7万株(金額で1億9012万円)を上限に、9月11日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

gumi <3903>
21年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期比26倍の10.8億円に急拡大して着地。スクウェア・エニックスとの共同開発タイトル「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」が国内外で好調だったことが寄与。費用対効果を重視したプロモーションの実施で広告宣伝費が減少したことも利益拡大につながった。

ポプラ <7601>
ローソン <2651> と共同事業契約を締結。子会社ポプラリテールを設立し、ポプラ、生活彩家、スリーエイトブランドの一部店舗を「ローソン・ポプラ」「ローソン」ブランド店舗に転換して運営する。

アークランド <9842>
21年2月期の連結経常利益を従来予想の110億円→132億円に20.1%上方修正。増益率が5.8%増→27.1%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。新型コロナウイルス感染症の拡大防止需要や外出自粛による巣ごもり商品のニーズを取り込み、上期業績が計画を大幅に上回ったことが寄与。なお、11月末をメドに完全子会社化を予定するLIXILビバ <3564> の業績は織り込んでいない。

イーグランド <3294>
21年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の1.2億円→5億円に4.1倍上方修正。減益率が76.2%減→2.3%減に縮小する見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で販売鈍化を見込んでいた期初予想に反して、7月、8月は不動産販売が好転し、売上高が計画を15.5%も上回ることが寄与。居住用物件の販売増加に加え、利益率の高い大型収益用物件を売却したことも上振れに貢献する。

9月10日の今買う大化け株

価値開発 <3010> 

株主優待制度を再開。毎年9月末時点で3000株以上を保有する株主に対し、株主優待ポイントを保有株数と保有期間に応じて3000~12万ポイント付与する。ポイントはこだわりグルメや電化製品、体験ギフトなどと交換できる。20年9月末から適用。

ベステラ <1433>
21年1月期上期(2-7月)の連結経常利益は前年同期比88.9%減の1700万円に大きく落ち込んで着地。大型工事の着工時期が下期にずれ込んだことや人件費の増加が響いた。
併せて、非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が前期比2.1倍の2億円に拡大する見通しを示した。プラント解体工事の受注残高や工事案件の引き合いが回復するなか、10.6%の増収を見込む。

アゼアス <3161>
◆21年4月期上期(5-10月)の連結経常利益を従来予想の7000万円→1億5600万円に2.2倍上方修正。減益率が60.2%減→11.4%減に縮小する見通しとなった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、防護服を中心とした感染対策用資材の需要が急増し、防護服・環境資機材事業の収益が想定より伸びることが寄与。

Bガレージ <3180>
21年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期比11.4%増の1億7600万円に伸びて着地。物販事業でEC売上高が大きく伸びたことが寄与。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月は大きく落ち込んだものの、6月以降はデジタル化促進の追い風もあり、新規会員獲得数が急増し、販売額が大幅に拡大した。
上期計画の1億7200万円をすでに上回っており、業績上振れが期待される。

 トビラシステ <4441>
20年10月期第3四半期累計(19年11月-20年7月)の経常利益(非連結)は前年同期比14.4%増の3.4億円に伸びて着地。電話・SNSを用いた特殊詐欺の認知件数・被害額が高水準で推移するなか、モバイル向けを主力とする迷惑情報フィルタサービスの利用者数が増加し、24.9%の大幅増収を達成した。

5月12日の今買う大化け株

アルゴグラフ
20年3月期の連結経常利益を従来予想の53.8億円→65.6億円に22.0%上方修正。増益率が2.5%増→25.0%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。自動車業界を中心とする製造業の根強い研究開発投資意欲を背景に、システム商品販売や保守サービスが好調だったことが寄与。経費削減を進めたことも利益を押し上げた。
業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の50円→60円(前の期は1→2の株式分割前で90円)に増額修正した。

 コモ
20年3月期の連結経常利益を従来予想の3億円→3.9億円に28.9%上方修正。増益率が24.5%増→60.4%増に拡大する見通しとなった。コンビニエンスストア向けプライベートブランド製品のスポット導入効果に加え、新型コロナウイルス感染症対策としての外出自粛要請で内食関連需要が高まったことも追い風になった。

 手間いらず
20年6月期第3四半期累計(19年7月-20年3月)の経常利益(非連結)は前年同期比39.7%増の8.8億円に拡大して着地。宿泊予約サイトとの連携強化などを通じ、宿泊予約サイトコントローラ「TEMAIRAZU」の月額利用料が引き続き増勢だった。なお、現時点では月額固定収入が売上高の多くを占めることから、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微としている。

 テクマト
20年3月期の連結経常利益を従来予想の24.6億円→30.1億円に22.4%上方修正。増益率が4.6%増→28.0%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。継続的なセキュリティ投資需要の高まりを背景に、セキュリティ関連製品が伸びたほか、戦略的に推進しているストック型ビジネスの拡大も奏功し、売上高が計画を上回ったことが寄与。販管費の減少に加え、アプリケーションサービス分野の伸長や事業構造改革の進展も利益を押し上げた。

4月22日の今買う大化け株

ヤマシタHD
20年5月期上期(6-11月)の連結経常利益は前年同期比2.9倍の5億8200万円に急拡大して着地。消費増税前の駆け込み需要を背景に、高度医療機器や低侵襲治療機器などの販売が伸びたことが寄与。
併せて、通期の同利益を従来予想の4億5300万円→6億3900万円に41.1%上方修正。従来の26.6%減益予想から一転して3.6%増益見通しとなった。
業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の32円→45円(前期は42円)に大幅増額修正した。予想PERが15.5倍→9.8倍に急低下し、割安感が強まった。
同時に、NTT東日本と協業し、医療機関向けICTサービスを開始すると発表。Wi-Fi導入・運用支援のほか、クラウドカメラを提供する。

 PCNET
20年5月期上期(6-11月)の連結経常利益を従来予想の1.4億円→2億円に46.4%上方修正。増益率が20.7%増→76.7%増に拡大し、14期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。「Windows10」への入れ替え需要の本格化やIT人材不足の深刻化を背景に、パソコンの中長期レンタル、ITサービス、使用済みIT機器の回収・データ消去サービスの受注が想定より伸びたことが寄与。イヤホンガイドのレンタル・販売が好調だったことも上振れに貢献した。

 アドヴァン  
20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比14.7%増の54.9億円に伸びて着地。民間工事を中心とした旺盛な建設需要を背景に、建材関連事業の収益が伸長したことが寄与。デリバティブ評価益の増加なども大幅増益の要因となった。
通期計画の52億円をすでに5.8%上回っており、業績上振れが期待される。

2月15日の今買う大化け株

イーブック <3658>
21年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.2倍の4.1億円に急拡大して着地。電子書籍販売サービス「ebookjapan」でゴールデンウィーク期間中に販促キャンペーンを実施したことが奏功したほか、巣ごもり需要の継続も追い風となり、51.4%の大幅増収を達成したことが寄与。第1四半期実績だけで、通期計画の8.8億円に対する進捗率は46.6%に達しており、業績上振れが期待される。

アクモス <6888>
20年6月期の連結経常利益を従来予想の3.8億円→5.2億円に36.9%上方修正。増益率が8.8%増→48.9%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。ITソリューション事業でSI・ソフトウェア開発分野の受注が引き続き好調だったことが寄与。プロジェクト管理の強化による付加価値向上も上振れに貢献した。

キューブシス <2335>
4億円に急拡大して着地。宅配便事業会社向けシステム構築案件が拡大したものの、消費税対応案件や建設機械メーカー向けシステム構築案件の終息で売上高は前年並みだった。一方、不採算案件の解消や出張旅費などのコスト抑制が奏功し、利益は大幅に増加した。

 エムスリー <2413>
21年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比25.8%増の112億円に伸びて着地。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、製薬会社からマーケティング支援の受注が急増したことが寄与。オンラインサービスの需要増加で中国などアジア地域が大きく成長した海外事業も大幅増益に貢献した。

 RSテクノ <3445>
20年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の14億円→28億円に2.0倍上方修正。米中通商摩擦や新型コロナウイルス感染症拡大によるプライムシリコンウェーハ製造販売事業の業績悪化を想定していたが影響は限定的だった。顧客の需要増加を背景に売上高が計画を12.5%も上回ったことが利益を押し上げた。併せて、通期の連結経常利益も従来予想の34億円→48億円に41.2%上方修正し、減益率が37.2%減→11.4%減に縮小する見通しとなった。

1月6日の今買う大化け株

アイネス
20年3月期の連結経常利益を従来予想の20.5億円→30.5億円に48.8%上方修正。従来の8.2%減益予想から一転して36.6%増益見通しとなった。公共分野で法改正案件や福祉系システム案件の受注が想定より伸びることが寄与。開発・運用業務の稼働率向上やBPO事業の採算改善に加え、オフィス移転コストの削減も利益を押し上げる。

ショクブン
20年3月期の連結経常利益を従来予想の7500万円→1億4400万円に92.0%上方修正。食材宅配の拠点統廃合や原価低減、経費の見直しを進めることで、採算が大きく改善する。

Jストリーム
20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比96.5%増の3億3800万円に拡大して着地。医薬系企業によるオンライン講演会などのライブ配信案件の受注が回復したほか、昨年8月末に買収したビッグエムズワイでは医薬系企業向けの映像制作やシステム開発が好調だった。

 さくらKCS
20年3月期の連結経常利益を従来予想の6億6000万円→8億円に21.2%上方修正。増益率が10.7%増→34.2%増に拡大する見通しとなった。旺盛なIT投資需要を背景に産業関連部門の好調が継続することに加え、システム機器販売案件などの受注獲得で公共関連部門の収益も伸びる。

 富士通
20年3月期の連結最終利益を従来予想の1250億円→1600億円に28.0%上方修正。増益率が19.5%増→53.0%増に拡大する見通しとなった。ソリューションやシステム構築など国内サービス部門が伸びるほか、「Windows7」関連の買い替え需要なども寄与する。採算改善やコスト減少なども上振れの要因となる。
業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の160円→180円に増額修正した。併せて、発行済み株式数の2.71%にあたる550万株(金額で500億円)を上限とする自社株買いを実施すると発表。株主還元の拡充を好感する買いが期待される。

 任天堂
20年3月期の連結経常利益を従来予想の2600億円→3000億円に15.4%上方修正。従来の6.3%減益予想から一転して8.2%増益見通しとなった。ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売計画を1800万台から1950万台に引き上げた。携帯専用機の投入や人気ゲーム「ポケットモンスター」最新作の好調などが上振れの背景。
業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の760円→890円(前期は810円)に増額修正した。

12月1日の今買う大化け株

SMN <6185>
20年3月期の連結経常利益を従来予想の5.5億円→7.3億円に32.7%上方修正。従来の23.2%減益予想から一転して2.0%増益を見込み、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。アドテクノロジーとマーケティングソリューションの既存サービスが順調に推移したうえ、新規領域であるメディア事業における固定費の増加が想定を下回ったことが上振れの要因となった。

買取王国 <3181> へ
20年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の6300万円→1億2300万円に95.2%上方修正。増益率が28.6%増→2.5倍に拡大する見通しとなった。既存店売上高が好調に推移する中、出店費用や店舗運営費用が想定を下回ったことが利益を押し上げた。
業績好調に伴い、従来未定としていた期末一括配当を5円実施し、2期ぶりに復配する方針とした。

インテリクス <8940>
20年5月期第3四半期累計(19年6月-20年2月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の5.8億円に急拡大して着地。不動産小口化商品「アセットシェアリング博多」の販売に加え、商業ビルや新築マンションを売却したことが収益を押し上げた。主力の中古マンション再生流通事業で地方主要都市を中心に販売件数が増加したことも大幅増益に貢献した。

インタライフ
20年2月期の連結経常利益を従来予想の1億6000万円→3億4000万円に2.1倍上方修正。増益率が6.0%増→2.3倍に拡大する見通しとなった。売上高は計画を下回ったものの、工事事業で受注の積み上げと利益率の改善が進んだことが上振れの要因となった。

 イオン九州
20年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の3.5億円→8億円に2.3倍上方修正。増益率が35.1%増→3.1倍に拡大する見通しとなった。消費税増税の前後に実施した販売施策の強化が奏功し、下期の売上高が計画を上回ったことが寄与。店舗運営の効率化を進めたことも上振れに貢献した。