5月12日の今買う大化け株

アルゴグラフ
20年3月期の連結経常利益を従来予想の53.8億円→65.6億円に22.0%上方修正。増益率が2.5%増→25.0%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。自動車業界を中心とする製造業の根強い研究開発投資意欲を背景に、システム商品販売や保守サービスが好調だったことが寄与。経費削減を進めたことも利益を押し上げた。
業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の50円→60円(前の期は1→2の株式分割前で90円)に増額修正した。

 コモ
20年3月期の連結経常利益を従来予想の3億円→3.9億円に28.9%上方修正。増益率が24.5%増→60.4%増に拡大する見通しとなった。コンビニエンスストア向けプライベートブランド製品のスポット導入効果に加え、新型コロナウイルス感染症対策としての外出自粛要請で内食関連需要が高まったことも追い風になった。

 手間いらず
20年6月期第3四半期累計(19年7月-20年3月)の経常利益(非連結)は前年同期比39.7%増の8.8億円に拡大して着地。宿泊予約サイトとの連携強化などを通じ、宿泊予約サイトコントローラ「TEMAIRAZU」の月額利用料が引き続き増勢だった。なお、現時点では月額固定収入が売上高の多くを占めることから、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微としている。

 テクマト
20年3月期の連結経常利益を従来予想の24.6億円→30.1億円に22.4%上方修正。増益率が4.6%増→28.0%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。継続的なセキュリティ投資需要の高まりを背景に、セキュリティ関連製品が伸びたほか、戦略的に推進しているストック型ビジネスの拡大も奏功し、売上高が計画を上回ったことが寄与。販管費の減少に加え、アプリケーションサービス分野の伸長や事業構造改革の進展も利益を押し上げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *