四季報記者が注目する2023年大化け期待の20銘柄(5月17更新)

あおぞら銀 <8304>
23年3月期の連結経常利益は前の期比84.1%減の73.5億円に落ち込んだが、続く24年3月期は前期比4.2倍の310億円に回復する見通しとなった。今期はマーケット関連業務での損失が膨らんだ前期から業績が大きく回復する見込み。

オリエンタル白石 <1786>
伊藤忠商事 <8001> [東証P]と資本業務提携。第三者割当増資の実施を通じ、伊藤忠が議決権割合12.26%を保有する筆頭株主となる予定。また、26年3月期に営業利益62億円(23年3月期実績は52億円)を目指す中期経営計画を策定。

パルグループホールディングス <2726>
発行済み株式数の1.19%にあたる55万株(金額で16億3250万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は5月17日から6月13日まで。買い付け価格は2917円。

楽天グループ <4755>
国内外で4億6810万2100株(海外追加分上限6105万6700株を含む)の公募増資と三木谷興産など計4先を割当先とする並行第三者割当増資7879万9000株を実施する。発行価格は5月24日から29日までのいずれかの日に決定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *