1月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

 CEホールディングス <4320>
光通信が7日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、光通信の同社株式保有比率は5.49%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

ハニーズHD <2792>
20年5月期の連結最終利益を従来予想の32億円→42億円に31.3%上方修正。増益率が0.7%増→32.1%増に拡大する見通しとなった。中国子会社の清算が結了したことに伴い、関係会社清算益9億円が発生することが最終利益を押し上げる。

 バイク王 <3377>
19年11月期の経常利益(非連結)を従来予想の2億4000万円→3億5900万円に49.6%上方修正。増益率が28.3%増→92.0%増に拡大する見通しとなった。前期業績の上方修正は昨年6月に続き、2回目。ホールセール(業者向けオークションへの卸売)部門の採算が改善したことに加え、利益率の高い小売り部門の売上構成比率が上昇したことも上振れに貢献した。

ネクステージ <3186>
19年11月期の連結経常利益は前の期比40.7%増の58.8億円に拡大して着地。続く20年11月期も前期比27.4%増の75億円に伸び、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も中古車販売店や買取店などの新規出店を進めるほか、前期に出店した店舗なども寄与し、23.1%の大幅増収を見込む。業績好調に伴い、前期の年間配当を4円→6円(前の期は4円)に増額し、今期も6円を継続する方針とした。

和田興産 <8931>
20年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比33.7%増の24.1億円に拡大して着地。主力の分譲マンション事業で好採算物件の引き渡しが伸びたことが寄与。賃貸マンションなどの販売が好調だったことも収益を押し上げた。通期計画の27億円に対する進捗率は89.4%に達しており、業績上振れが期待される。