11月18日 の今買いたい大化け候補銘柄

日本アクア <1429>
19年12月期の経常利益(非連結)を従来予想の14億円→18億円に28.6%上方修正。増益率が83.2%増→2.4倍に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。戸建住宅部門、建築物部門ともにウレタン断熱材「アクアフォーム」の受注が好調に推移するなか、原材イソシアネートの供給不足による価格高騰の影響が解消し、採算が大きく改善する。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の12円→17円(前期は10円)に大幅増額修正した。

塩野義製薬 <4507>
抗菌薬「FETROJA」が米国で新薬承認。複雑尿路感染症に罹患し、他の治療薬が効かないもしくは効きにくいことが想定される成人患者の治療を適応として承認を取得。

アストマックス <7162>
発行済み株式数(自社株を除く)の3.04%にあたる40万株(金額で1億6000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は11月18日から20年3月31日まで。

協和エクシオ <1951>
建築3次元CADや土木積算システムなどのソフト開発を手掛けるシーピーユーの株式を取得し子会社化する。

エヌリンクス <6578>
光通信 <9435> が15日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、光通信の同社株式保有比率は5.01%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

チャーム・ケア・コーポレーション <6062>
12月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。今期配当を実質増額修正。一方、200万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限30万株の第三者割当増資を実施する