9月17日 の今買いたい大化け候補銘柄

バルニバービ <3418>
19年7月期の連結経常利益は前の期比18.6%増の5億円で着地。続く20年7月期も前期比25.0%増の6.3億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期はレストランの新規出店や前期に出店した店舗の通期寄与などで、11.2%の増収を見込む。

ジェイ・エス・ビー <3480>
11-7月期(3Q累計)経常は12%増益・通期計画を超過。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.04%にあたる5万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は9月13日から10月31日まで。

ウインテスト <6721>
19年7月期の連結最終損益は6.3億円の赤字(前の期は3.5億円の赤字)に赤字幅が拡大したものの、続く20年7月期は1.5億円の黒字に浮上する見通しとなった。黒字化は05年7月期以来、15年ぶりとなる。今期は台湾や中国向けに主力の半導体検査装置の販売が大きく伸びるうえ、太陽光パネルの新規設置や是正工事の受注も増加し、売上高は前期比3.5倍の15.1億円に拡大を見込む。

野村総研 <4307>
20年3月期の連結最終利益を従来予想の550億円→660億円に20.0%上方修正。増益率が8.0%増→29.6%増に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。リクルートホールディングス <6098> の株式売却益として190億円を計上することが最終利益を押し上げる。

エーアイ <4388>
20年3月上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の2300万円→5300万円に2.3倍上方修正。減益率が59.6%減→7.0%減に縮小する見通しとなった。外注予定だった製品開発を社内で対応したほか、採用コストの抑制や中途採用者の入社時期が後ろ倒しとなったことも上振れの要因となる。併せて、次世代音声合成エンジンを来年4月から販売開始することも明らかにしている。