7月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

暁飯島工業 <1997>
19年8月期の経常利益(非連結)を従来予想の6.2億円→6.9億円に11.3%上方修正。従来の0.8%減益予想から一転して10.4%増益見通しとなった。工事進捗の遅れで売上高は計画を下回るものの、工事採算が想定より上向くことで経常利益は上振れする。

キャリアL <6070>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比3.9倍の1.7億円に急拡大して着地。テレマーケティング事業者や金融機関向け事務系派遣、食品加工業者向け製造派遣の受注が好調だったほか、前期から受注を開始したキャッシュレス決済関連受託業務が拡大したことが寄与。利益率の高い新規案件の受注獲得に加え、採用費や賃借料を削減したことも大幅増益の要因となった。2日に上方修正した上期計画2.3億円に対する進捗率は73.6%に達しており、さらなる上振れが期待される。

アークコア <3384>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は1100万円の黒字(前年同期は700万円の赤字)に浮上し、通期計画の2億0600万円に対する進捗率は5.3%となった。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-0.8%→1.6%に改善した。

ダイケン <5900>
20年2月期第1四半期(3-5月)の経常損益(非連結)は300万円の黒字(前年同期は6000万円の赤字)に浮上したが、3-8月期(上期)計画の2000万円に対する進捗率は15.0%にとどまり、5年平均の30.4%も下回った。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-2.4%→0.2%に改善した。