7月11日 の今買いたい大化け候補銘柄

キリン堂HD <3194>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比33.0%増の8.5億円に拡大して着地。季節商品の好調や既存店改装効果の継続に加え、調剤売上高が2ケタ増収を達成したことが収益を押し上げた。

コジマ <7513>
19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の経常利益(非連結)は前年同期比74.3%増の46.5億円に拡大して着地。高機能商品の販売促進効果や気温上昇でエアコンの販売が大きく伸びたほか、キャリアの料金プラン変更に伴う駆け込み需要を追い風に携帯電話も好調だった。また、パソコンはWindows7のサポート終了に伴う買い替え需要を取り込んだ。

タマホーム <1419>
今期経常は8%増で2期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は7円増配へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.66%にあたる50万株(金額で9億円)を上限に自社株買いを実施する。

ソフトクリエイトホールディングス <3371>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.77%にあたる10万株(金額で1億8000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月11日から10月31日まで。

大黒天物産 <2791>
今期経常は55%増益へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.7%にあたる10万株(金額で3億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。

7月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

暁飯島工業 <1997>
19年8月期の経常利益(非連結)を従来予想の6.2億円→6.9億円に11.3%上方修正。従来の0.8%減益予想から一転して10.4%増益見通しとなった。工事進捗の遅れで売上高は計画を下回るものの、工事採算が想定より上向くことで経常利益は上振れする。

キャリアL <6070>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比3.9倍の1.7億円に急拡大して着地。テレマーケティング事業者や金融機関向け事務系派遣、食品加工業者向け製造派遣の受注が好調だったほか、前期から受注を開始したキャッシュレス決済関連受託業務が拡大したことが寄与。利益率の高い新規案件の受注獲得に加え、採用費や賃借料を削減したことも大幅増益の要因となった。2日に上方修正した上期計画2.3億円に対する進捗率は73.6%に達しており、さらなる上振れが期待される。

アークコア <3384>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は1100万円の黒字(前年同期は700万円の赤字)に浮上し、通期計画の2億0600万円に対する進捗率は5.3%となった。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-0.8%→1.6%に改善した。

ダイケン <5900>
20年2月期第1四半期(3-5月)の経常損益(非連結)は300万円の黒字(前年同期は6000万円の赤字)に浮上したが、3-8月期(上期)計画の2000万円に対する進捗率は15.0%にとどまり、5年平均の30.4%も下回った。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-2.4%→0.2%に改善した。

7月3日 の今買いたい大化け候補銘柄

サクサ <6675>
19年3月期の連結経常利益は前の期比2.9倍の19.1億円に伸び、従来予想の15億円を上回って着地。続く20年3月期も前期比30.3%増の25億円に拡大する見通しとなった。今期はアミューズメント事業の特需がなくなるものの、オフィス向けネットワーク機器の販売拡大で増収を確保する。原価低減や生産機能の集約による効率化が進むことも増益に大きく貢献する。併せて、今期の年間配当は前期比5円増の55円に増配する方針とした。

ホープ<6195>
同社が27日の取引終了後、19年6月期の単独業績予想について、売上高を29億5700万円から38億円(前期比67.5%増)へ、営業損益を3200万円の赤字から5500万~7000万円の黒字(前期1億2100万円の赤字)に上方修正したことが好材料視されている。前期に開始したエネルギー事業の取引規模が計画に対して大きく拡大したことに加えて、既存事業であるマーケティング&メディア事業におけるジチタイワークスの発行数増加、BtoGマーケティングなど高収益サービスの展開が寄与。また、業務オペレーションにおける生産性向上施策も奏功したという。

タカショー <7590>
20年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益は前年同期比12倍の1.7億円に急拡大して着地。売上高は前年実績を1.4%下回ったものの、生産性向上による人件費削減や減価償却費の減少などで採算が急改善したことが寄与。円安進行で為替差損益が好転したことも大幅増益に貢献した。

<2930> 北の達人
刺すヒアルロン酸化粧品「ヒアロディープパッチ」の人気が爆発、注文殺到により予約待ち人数が3万人超になっていると、会社側が先週末にリリースを発表。同製品は、高濃度ヒアルロン酸を含む美容成分を小さな針状に凝縮し、肌に刺すことで角質層まで直接届ける「刺す化粧品」。発売以来の累計売上高は約42億円となっている。人気商品の寄与による一段の業績成長を期待する動きが優勢に。