5月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

オリコン <4800>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の7.7億円→8.8億円に14.9%上方修正。増益率が26.4%増→45.3%増に拡大する見通しとなった。前期業績の上方修正は2月に続き、2回目。顧客満足度調査事業で商標ライセンス利用契約の獲得率と単価が向上したことに加え、ニュース配信・PV事業における広告単価の上昇なども利益を押し上げた。

日亜鋼業 <5658>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の12.5億円→15億円(前の期は12.5億円)に20.0%上方修正し、一転して19.2%増益見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の7.3億円→9.8億円(前年同期は5.9億円)に34.2%増額し、増益率が21.9%増→63.6%増に拡大する計算になる。

塩水港精糖 <2112>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の9.2億円→10.9億円(前の期は11.9億円)に18.5%上方修正し、減益率が22.8%減→8.6%減に縮小する見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の2.2億円→3.9億円(前年同期は5.5億円)に75.2%増額し、減益率が59.5%減→29.0%減に縮小する計算になる。

スペースバリューホールディングス <1448>
19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比0.5%増の20.1億円となったが、通期計画の56億円に対する進捗率は35.9%にとどまり、5年平均の59.8%も下回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比83.9%増の35.9億円に拡大する計算になる。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比40.6%減の4.4億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の4.0%→3.0%に悪化した。