5月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

オリコン <4800>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の7.7億円→8.8億円に14.9%上方修正。増益率が26.4%増→45.3%増に拡大する見通しとなった。前期業績の上方修正は2月に続き、2回目。顧客満足度調査事業で商標ライセンス利用契約の獲得率と単価が向上したことに加え、ニュース配信・PV事業における広告単価の上昇なども利益を押し上げた。

日亜鋼業 <5658>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の12.5億円→15億円(前の期は12.5億円)に20.0%上方修正し、一転して19.2%増益見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の7.3億円→9.8億円(前年同期は5.9億円)に34.2%増額し、増益率が21.9%増→63.6%増に拡大する計算になる。

塩水港精糖 <2112>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の9.2億円→10.9億円(前の期は11.9億円)に18.5%上方修正し、減益率が22.8%減→8.6%減に縮小する見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の2.2億円→3.9億円(前年同期は5.5億円)に75.2%増額し、減益率が59.5%減→29.0%減に縮小する計算になる。

スペースバリューホールディングス <1448>
19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比0.5%増の20.1億円となったが、通期計画の56億円に対する進捗率は35.9%にとどまり、5年平均の59.8%も下回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比83.9%増の35.9億円に拡大する計算になる。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比40.6%減の4.4億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の4.0%→3.0%に悪化した。

4月8日 の今買いたい大化け候補銘柄

シンメンテ <6086>
19年2月期の連結経常利益を従来予想の5億円→6.4億円に28.2%上方修正。増益率が50.4%増→92.8%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。店舗メンテナンスで既存顧客の掘り起こしや新規顧客獲得が順調に進み、売上高が計画を上回ったことが寄与。原価精査の強化や業務効率化などで採算が改善したことも上振れに貢献した。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の18円→26円(前の期は14円)に大幅増額修正した。

イーサポート <2493>
19年11月期第1四半期(18年12月-19年2月)の連結経常損益は7700万円の黒字(前年同期は100万円の赤字)に浮上して着地。昨年11月に実施した生鮮青果物流通システムと業務受託サービスの値上げ効果に加え、イオングループを中心に生鮮青果物流通システムの導入が進んだことが収益を押し上げた。経費の一部が第2四半期以降に後ずれしたことも黒字浮上に貢献した。上期計画の5900万円をすでに30.5%も上回っており、業績上振れが期待される。

オンワード <8016>
19年2月期の連結経常利益は前の期比12.9%減の51.6億円になったが、従来予想の41.5億円を上回って着地。続く20年2月期は前期比10.4%増の57億円に伸びる見通しとなった。前期は欧州における一部生産事業の契約内容変更や不採算店舗撤退費用の計上などで海外事業の赤字が拡大したことが響いた。今期はオンワード樫山を中心に基幹事業の収益率向上を図るほか、アジア事業の拡大に注力し、2期ぶりの増益転換を目指す。併せて、発行済み株式数の2.17%に相当する300万株を上限とする自社株買いの実施を発表。株主還元の拡充を好感する買いが期待される。