3月28日 の今買いたい大化け候補銘柄

ユーグレナ<2931>
調整トレンドの中ではあるが、足元で緩やかなリバウンドを見せてきており、25日線からの上放れ後は、75日線を突破してきている。一目均衡表では雲下限の攻防から雲上限を突破すると、雲上限を支持線に変えてきている。遅行スパンは実線を上放れており、上方シグナルを継続させている。昨年11月戻り高値729円を突破してくると、中期トレンドは転換する。

アンジェス<4563>
同社は大阪大学発のバイオベンチャーで遺伝子治療薬の開発を進めている。そのなか、市場で注目されていた同社開発の重症虚血肢治療薬「コラテジェン」が20日、厚生労働省の専門家会議で承認され、今年5月にも国内で初めて登場する見通しとなった。これを材料視する買いが集中している。

アマナ<2402>
同社は広告・映像コンテンツの企画制作会社で、東京五輪などに絡む特需が見込まれている。19日取引終了後に発表した19年12月期の業績予想は売上高が前期比5.4%増の235億円と増収を計画し、営業利益は同45.5%増の8億円を予想しており、これをポジティブ視した形で投資資金が流入した。なお、18年12月期の売上高は前の期比2.5%増の222億9000万円、営業利益は同29%減の5億5000万円だった。

テリロジー<3356>
ここ調整色を強め前日には1月10日以来約1カ月半ぶりに4ケタ大台を下回る場面があったが、きょうは売り物を吸収して切り返しに転じている。20日、イスラエルのコンサルティング・投資銀行会社であるHarel-Hertz Investment Houseと業務提携したことを発表、これが株価の刺激材料となった。イスラエルにおける情報収集拠点機能を確保し、東京五輪や大阪万博を見据え、セキュリティや人工知能(AI)などの新規技術の発掘を進めるとともに、次世代サイバーセキュリティー技術の共同開発を検討する方針で、今後の事業展開力強化に対する期待が高まった。