12月3日 の今買いたい大化け候補銘柄

トリケミカル <4369>
19年1月期の連結経常利益を従来予想の19.4億円→29.9億円に54.1%上方修正。増益率が19.6%増→84.3%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。国内と台湾を中心に半導体や光ファーバー向け化学材料の販売が伸びることが寄与。韓国関連会社の業績が想定以上に好調で、持分法投資利益が発生することも利益を大きく押し上げる。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の26円→45円(前期は21円)に大幅増額修正した。

JSB <3480>
18年10月期の連結最終利益を従来予想の17.0億円→20.6億円に21.0%上方修正。増益率が9.8%増→32.9%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。不動産賃貸管理事業で物件管理戸数が想定より伸びたほか、高齢者住宅事業における事業譲受も収益を押し上げた。固定資産売却益の発生に加え、税金費用が減少したことも上振れに大きく貢献した。

大和コン <3816>
19年7月期第1四半期(8-10月)の連結経常利益は前年同期比14.9%増の1億円に伸びて着地。生産性向上や省力化へのシステム投資需要が高まるなか、ソフトウェア開発関連の売り上げが伸びたことが寄与。販管費が減少したことも増益に貢献した。
上期計画の1.7億円に対する進捗率は62.1%に達しており、業績上振れが期待される。

はてな <3930>
19年7月期第1四半期(8-10月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.5倍の1.6億円に急拡大して着地。オウンドメディア構築ツールを新規に導入する企業が増加し、システム利用料などが拡大したことが寄与。システム開発受託や保守運用サービス、サーバー監視サービスの売上成長も業績拡大に貢献した。また、個人向けはてなブログの有料プランなどの課金収入も好調だった。
第1四半期実績だけで、通期計画の3.5億円に対する進捗率は45.9%に達しており、業績上振れが期待される。