12月26日 の今買いたい大化け候補銘柄

2018/12/25 17:30

日本プロセス <9651>
19年5月期の連結経常利益を従来予想の5億円→6億円に21.0%上方修正。従来の13.6%減益予想から一転して4.5%増益見通しとなった。自動車システムなど受注環境の好況が想定以上に継続していることが寄与。請負化やオフショア開発の推進、プロジェクト管理の強化による生産性向上も利益を押し上げる。
予想PERが14.8倍→12.4倍に低下し、割安感が強まった。

セイヒョー <2872>
19年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の3500万円→6000万円に71.4%上方修正。夏場の猛暑などを背景に氷菓の販売やOEM製品の受注が好調で、売上高が計画を上回ることが寄与。運搬費や支払保管料が大幅に増加したものの、機械メンテナンスの強化によるロス減少などで吸収する。
業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の30円→40円(前期は30円)に大幅増額修正した。

あさひ <3333>
19年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比14.7%増の47.2億円に伸びて着地。スポーツサイクルや電動アシスト自転車など高付加価値商品の品揃えを拡充したほか、ウェブサイトの刷新などが奏功し、7.1%の増収を達成したことが寄与。
通期計画の41.6億円をすでに13.6%も上回っており、業績上振れが期待される。

口化 <4361>
18年11月期の連結経常利益を従来予想の1億8000万円→2億3900万円に32.8%上方修正。減益率が30.2%減→7.4%減に縮小する見通しとなった。自動車関連メーカー向けを中心に化学工業薬品の販売が伸びたことが寄与。稼働率向上や合理化効果による原価低減も上振れに貢献した。
予想PERが9.1倍→6.5倍に低下し、割安感が強まった。

ウエスコHD <6091>
19年7月期の連結最終利益を従来予想の4.4億円→8.3億円に90.0%上方修正。従来の37.3%減益予想から一転して19.1%増益見通しとなった。相楽東部広域連合から提訴されていた損害賠償請求訴訟で和解が成立。これに伴い、訴訟損失引当金戻入益3.9億円が発生することが最終利益を押し上げる。

NaITO <7624>
19年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比22.3%増の9.5億円に伸びて着地。旺盛な設備投資需要を背景に、切削工具や産業機器・工作機械などの販売が伸びたことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の10.5億円→11.6億円に10.5%上方修正。増益率が9.4%増→20.8%増に拡大する見通しとなった。